営業管理ツールをしっかり役立てる

営業マンならば、営業管理ツールの存在を知っておくのが良いかもしれません。営業の部長だろうが、それを使いこなせるようにしておき、いかに有効に使うかを考えた方が良いです。営業支援システムや営業管理ツールなどは、営業している営業マンだけでなく、客観的に顧客と営業マンの間にいる上司なども関係してきます。営業管理ツールを利用する場合、どのように利用したら良いでしょうか。

基本的にこれは持っているだけでは意味がありませんので有効な利用の仕方を考えることが必要になります。舞台的には、お客さんがどのようなタイミングで購入するかと言うことを明確にしておかなければいけません。のためにはお客さんのデータが必要になりますので、何度かリピートしてくれているお客さんを中心にして、データ収集を行うのが良いです。では、自動車を販売するセールスマンならば、営業管理ツールを使い、お客さんがどのタイミングで自動車を買い換えるかなどを見ていくと良いでしょう。

この時細かい判断が要求されるだけでなく、必ずしもお客さんの考えている事と一致しているとは限りません。それ故、必ずうまくいくとは限りませんが、少なくとも何も考えずに営業活動するよりもはるかに効果的と言えるわけです。例えば、ボーナスの時期の少し前位には、営業をかけておくことで良い結果が出るかもしれません。逆に、時期も考えず自動車はどうですかなどと聞くよりもよほど効果的になります。

実際にそれで、しっかりとした成果を出している人も少なくないといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です