営業管理ツールを使いこなす

営業マンには様々なツールが用意されており、これを使うことでパワーアップするのは間違いありません。具体的なツールの1つが、営業管理ツールと呼ばれるものです。いろいろな会社で用いられているこの営業管理ツールの特徴は、営業マンにとって重要な情報を共有できることかもしれません。従来であれば、1人の営業マンの情報は1人の営業万能でしたが、そのような状態が続くと結局その営業マンが辞めてしまった場合後に引き継ぐ人が色々と困ってしまいます。

そこでできるだけ多くの人と情報共有するべく、営業管理ツールを導入し、全体的に共有ができるようにするわけです。それ以外にも様々な使い方がいますが、この使い方以外にもよくあるのは、顧客情報から見た売り込むタイミングです。営業マンと言うのも、安易にお客さんに商品を売れば良いと言うわけではありません。物のない時代であれば、お客さんに喜んだ分だけ売れたかもしれませんが、最近はものがあふれている時代です。

それに加えて、インターネットの情報も様々あり、他の会社の情報などもたくさんあると言えるでしょう。そうすると、自分の会社の視点から例えば自分の会社の商品を買ってくれるのではないかと考えますが、お客さんの立場からすれば自分の会社と言うのはあくまで選択肢の1つに過ぎません。例えば5つの会社がある中の1つに過ぎないわけです。そのような会社から積極的に商品を買ってくれと言われても、困ってしまうでしょう。

逆に、しつこい営業は嫌われますので、適度なタイミングを見計らうためにこのシステムを使うわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です