顧客管理のためのツールであるcrmの効果

crmは顧客との関係を管理するためのツールです。管理とはデータを記録して保管することではなく、蓄積されたデータを分析し、その結果によって改善を行うことです。ただ記録しているだけの帳票とは目的が違います。そのため確度の高い分析を得るためにはそれなりのデータが必要です。

また、分析の仕方によっても結果は大きく変わってきます。この点を履き違えて、導入さえすれば効果が得られると思っている企業がいます。crmをツールとして正しく使えるかどうかによって、効果は大きく変わってきます。まずは、顧客との関係をどうすれば有効なデータとして分析できるかという点で考えなければいけません。

簡単なことから言うと、共通点を見つける作業になります。注文をくれている顧客は、企業にとって成功例ということになります。その例の共通点を見つけ出して、それを同じような条件で展開していきます。例えば注文の量や時期でグループ化してもいいかもしれません。

crmで重要なのは、なぜ注文をしてくれるのかということの明確化です。同じような製品を扱う企業と差別化して、選んでくれているわけがわかれば、それを維持して伸ばしていくことが重要です。そして何かを変える時には、その点をなくさないように気をつけなければいけません。このようにニーズの明確化に役立つツールがcrmです。

最も効果的に使うと顧客をプロモーターとして成長させることができて、リピーターとして売り上げに貢献します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です