Skip to content

弁護士の転職は開業を考えてみよう

弁護士の転職においてやはり少しでも待遇にこだわりを持ちながら職場を見つけたいところですが、今以上に良い待遇を求める際に自分で開業をして事務所を開くのはメリットがあります。収入として考える場合、会社に雇われる際の報酬に比べると伸びしろが高いのは自分で事務所を構えることです。事務所を開業するのは当然ながらリスクがありますが、弁護士の仕事の需要を考えるとしっかりと経営方針を考えておけばそれほど心配する必要はないと言えます。転職先を選ぶ際に自分の将来のことを少なからず考えるものですが、仕事に対するやりがいだったり待遇面などを考えると事務所を開業して自分の好きなように仕事をすることも良い選択です。

弁護士として転職先を探すのか、それとも自分で開業するのかは人によって向き不向きの問題もあります。一番のポイントは経営に興味があるかどうかです。ここに全く興味がないという人はやはり転職先を探してどこかの会社の一員として活躍する方が良いと言えますし、経営に興味があるという人の場合は転職するタイミングは一つの開業のタイミングでもあるのでしっかりと考えてみましょう。もし、弁護士事務所を開業するとなればしっかりとその準備を進めておく必要があります。

自分が今働いている職場をいつ退社するのかしっかりと時期を決めておき、うまくそのタイミングに合わせながら開業の準備を進めることが大事です。まずは計画をしっかりと立ててみましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です