Skip to content

弁護士の転職について考える

弁護士は、独立開業ができる資格職ですが、司法試験に合格していきなり独立できるほど甘い世界ではありません。将来的に独立開業を考えている場合でも一定期間は、法律事務所などに就職して経験を積む必要があります。現在、転職先としては大きくわけて法律事務所と企業内の顧問として勤務する働き方があります。それぞれの特色としては、まず法律事務所では、年収の幅が広く、500万から2000万円まで所属する事務所や本人の能力によってかなり稼ぐことができやすいです。

企業内顧問として勤務する形では、法律事務所ほどの2000万円を超える高年収は少ないですが、だいたい500万から1500万の間ぐらいが平均年収相場となります。法律事務所によっては、500万円以下のサラリーマンよりも低い年収になる可能性もありますが、企業内弁護士の場合は、500万以下になることはほとんどないため、収入の安定性は企業での弁護士活動の方が優れています。労働時間で見ると、法律事務所での平均勤務時間は、8時間から12時間以上まで幅広く、所属した事務所によっては長時間労働も多いです。企業内弁護士の場合は、半数以上が10時間前後の労働時間が平均となっています。

現在、弁護士の間で人気がある転職先としては、企業法務を中心に扱う法律事務所の転職が一番人気があります。求人数が多く、転職しやすいのは任意整理や個人再生法などの債務を中心に扱っている法律事務所が狙い目になっています。広島の債務整理の弁護士のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です