Skip to content

弁護士も転職する時がある

弁護士と言うと、個人事務所を設立しているイメージが強いですが、弁護士になっていきなり事務所を持つ事は、非常に難しいですし、経験があっても、他の仕事のように個人事務所の設立や維持は、簡単な物ではありません。弁護士事務所に所属する場合には、その事務所の方針や得意分やなどによって、自分に合う事務所や、合わない事務所がありますし、人間関係で悩んでしまう場合も珍しくありませんから、転職の可能性もあります。組織に所属していれば、弁護士資格があっても、サラリーマンである事は変わりないなので、転職しても良いのです。転職する事により、より自分にあった雇用形態や、勤務時間や収入だけでなく、自分の得意分野を生かすチャンスを得る事が可能になります。

もちろん、将来的に個人事務所の設立を目指すのならば、大きな組織よりも、実績のある個人事務所で経験を積む事も必要かもしれません。業務内容は、訴訟に関する物だけでなく、企業からの相談など、事務所によって様々なので、一箇所の事務所に拘らず、様々な可能性を高めるためにも、転職は有効な手段です。全国展開している大手の事務所や、タレント的な活動を行う弁護士も増えてきました。弱者の救済を業務とする場合や、大きなトラブルと解決する時には、多大な精神的なストレスを受けてしまう場合があるので、業務内容や収入だけでなく、福利厚生の面からも、適切な条件が挙げられている職場が理想的です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です