Skip to content

相続では遺産分割協議で財産を分けることが出来る

亡くなった人が遺言書を残さなかった場合には、法律で書かれている文言がそのまま適用されることになりますのでその割合の手続をしていくことになります。しかし、こうした法定割合が法律で書かれているからといって必ずしもこうした相続の手続を進めていかなくてはいけないわけではないということを知っておきましょう。基本的に、遺産分割における法定割合は相続権を持った人が自身の権利を主張した時に生じる割合であるため、最初の段階で亡くなった人の財産が移動するときにはまず残された家族の共有財産として処理することになります。そこからそれぞれが個人的に相続の権利を行使することによって財産を受け継ぐことができるようになるわけです。

しかし、こうした割合に関しても実は家族同士の話し合いがきちんと出来ているのならば特定の人に対して多くの財産を継承させることができます。この家族同士の話し合いのことを遺産分割協議と言い、協議で行われた話し合いは家族同士の同意があるのならば法的な拘束力を発揮するため有効に遺産分割が働くようになります。そして、遺産分割によって決まった取り決めは遺産分割協議書という証明書にきちんと書いてしかるべき役所に提出しなくてはいけません。安易に作って提出してしまうと後で取り返しの付かないことになりますので、実際に手続きをするときには相続問題に詳しい弁護士にきちんと相談して対応策を聞いておくことが賢明でしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です