Skip to content

分割をしなくても限定承認で相続できる

財産を持っている人が亡くなった場合には、その財産を保有している人の遺産の状況をしっかりと整理して分割しなくてはいけません。基本的に、財産と呼ばれているものの中にはお金を含めた利益だけではなくいわゆる借金も含めて計算がされることになります。例えば、預金口座には1000万円のお金が残されていたとしても別の場所で1000万円の借金をしていた場合にはプラスマイナスでゼロになりますので継承できる財産としては1円もないことになります。それどころか、財産の継承には借金も含まれていますので、仮に利益が出るだけの財産が存在せず、借金だけしか残っていなかった場合には分割の権利を行使して財産を継承した段階で借金を背負ってしまうことになりますので注意をしなくてはいけません。

では、借金を抱えているけど利益のほうが大きい時にはどうすればよいのでしょうか。この場合には、分割をせずに財産上の利益だけを得ることができる限定承認という方法で相続をすることが重要になります。限定承認というのは、借金の利益を計算して利益が上回った場合にその利益だけを都合よく相続することができる手続きのことを言います。限定承認を行って相続出来るだけの財産があれば自然とそれが相続の対象となりますので何も迷わなくても済むようになるわけです。

家族でこうした手続をすることが難しいと感じる場合には弁護士に相談して代行してもらうこともできますので、なるべく早い段階で手続きをすることが重要になるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です