Skip to content

相続は法律の割合で分割するのが基本になっている

相続をするときには、一般的に法律で定められている割合によって残された家族に分割されることになりますのでその割合で行われた時にはそのための手続きをしなくてはいけません。基本的に、多額の財産を保有したまま亡くなった人はその財産を残された家族に対してどのように分割するのかを決めることができる権限がありますので、亡くなる以前にそうした言葉を残していたのならば法律の割合に従わなくても本人の意志によって遺産を分割することが可能です。そうしたことが何も書かれていない時には法律によって分割することになりますのでその点に関してはしっかりと理解しておくことが重要です。相続に関する法定割合の考え方は非常に簡単で、一番財産をもらうことができるのは残された配偶者であり、その次がその子供になります。

結婚している場合には必ずそうなりますので、遺言書が残されていないかぎりはそうして分割の手続きを進めていくようにしましょう。また、婚姻関係が破綻している場合には残された家族の申し出や財産を保有したまま亡くなった人の遺言によって配偶者などに財産を渡さないようにすることもできるため知っておくことが重要です。遺言などによって財産を法定割合で引き継ぐことができなくなったとしても、その人には遺留分の制度が適用されますので多くの遺産は継承できなくても最低限の遺産を継承する権利は存在します。これで補填をすることができますので相続上は特に問題なく手続きをすることができるわけです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です