Skip to content

意外と知らない相続での分割の種類

遺産というものにおいて誰がどれだけ相続できるのかということは注目されており、システムを理解されている方も多いと思われますが、分割という概念はあまり知られていないようです。ここでは分割についてご紹介させて頂きます。おもに分割は、1指定分割、2協議分割、3調停によるもの、4審判によるものの四つに分けることができます。1は被相続人の遺言に従って行うものです。

2は遺言に従うのではなく、共同相続人全員の合意に基づいて行うものです。一人でも相続人が欠けてしまうと意味を成しません。財産の分け方、財産の割合は話し合いで決めることができます。法定分の枠に限られず、自由に決めることができます。

3は協議が上手くまとまらない場合に、家庭裁判所の調停を入れて話し合うものです。4はそれでもまとまらない場合に話し合いではなく、家庭裁判所の判断に任せるというものです。原則、法定分通りになります。このように基本的に遺言に従って行い遺言がなければ話し合いで、話し合いで決まらなければ、家庭裁判所を入れて話し合い、それでも決まれなければ判断を家庭裁判所に任せるという形になっています。

もしも場合に備えて覚えておくと楽です。ちなみにもし共同相続人の中に未成年者がいる場合は、親権者などが未成年者に代わって話し合いに加わります。しかし、親権者自身も話し合いをする立場にある場合は、未成年者の代理はできず、家庭裁判所に特別代理人を選任してもらう必要があります。これを経ずに行われた協議は無効になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です