Skip to content

相続財産の分割と税の支払い

財産を持った人が死亡した場合には法定相続人が財産を受け取ることができますが、その遺産の分割については、遺言で分け方が決めらている場合はそれ従って分けることになりますが、遺言がない場合には法定分を考慮して受取額を決めることもできます。ただし、相続人全員の合意があれば分ける割合は自分たちで決めることができます。実際に現金などであれば簡単に分けられますが、家や土地などの不動産物件については分けることができませんので、「現物分割」と言って、物件ごとにだれが受け取るかを決める方法や、「換価分割」では不動産などを売却して、そのお金を分ける方法です。「代償分割」は不動産などを受け取った人が、その代償をほかの受け取り人に渡す方法になります。

遺産を分ける手順としては、遺言があるかどうかの確認から始まり、相続人が誰になるのかを確定し、各人の受け取り分を確定します。もし話し合いが不調に終わった場合には、家庭裁判所に遺産分割を請求することができますが、調停で話し合いがつかなかった場合は審判手続によって遺産を分けることになります。受け取る財産が決まればそれに見合った相続税を支払うことになりますが、原則としては相続開始から10か月以内に金銭で納付することになっています。しかしながら不動産などの場合処分しないと現金化できないものもあり、それが自宅などの可能性もありますので、所得の中から毎年支払う延納を認めています。

この場合原則として担保が必要となっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です