Skip to content

相続手続きを弁護士に依頼するメリットとは

相続が発生すると、次のような手続きが必要になります。まずは、遺言書の有無を確認し、遺産の調査と相続人の調査を行います。公正証書遺言以外の遺言があれば、家庭裁判所での検認手続きを行います。遺言がない場合や、あってもその内容によっては、遺産分割協議を行います。

協議が成立すれば、決定したとおりに預貯金や不動産の名義変更を行います。相続税の支払いが必要な場合には、10ヶ月以内に申告と納付を行います。このように、税金の支払いの期限があるため、手続きを速やかに進める必要があります。自分で手続きを進めることもできますが、初めてで慣れないことが多いので、大変です。

たとえば、相続人調査では、故人の出生から亡くなるまでの戸籍を集めますが、転籍を繰り返していた場合には手間がかかります。しかし、きちんと調査しておかないと後から非嫡出子が判明すると、遺産分割協議のやり直しになります。同じように資産の調査にも手間がかかり、役所に行くために会社を何度も休む羽目になります。専門家である弁護士なら、これらの調査もスムーズに進めることができ、安心して任せられます。

遺産分割協議についても、弁護士のアドバイスがあれば、トラブルを未然に防ぐことができます。また、借金やローンなどのマイナスの資産も受け継ぐことになりますが、限定承認や相続放棄などを行えば、支払いの義務が一部、または免除されます。ただし、3ヶ月以内に手続きをする必要があります。弁護士に相談していれば、こうした救済策があることや期限についても知ることができます。

このように、弁護士に依頼するメリットは多くありますので、まずは無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です