Skip to content

相続で問題になったときの弁護士への依頼

相続でよく問題になるのが相続です。特に一定の資産を有する場合で、その資産をめぐって争いになるケースが往々にしてあるものです。なお、財産がない人の場合でも問題なることがあり、この場合でよくあるのは借金の問題でしょうから、弁護士や司法書士に間に入ってもらって、相続放棄の手続きを行えば問題は解決できるものです。ただ、この相続放棄は期間が短いために迅速に専門家に依頼する必要がある点に注意しなければなりません。

財産が相応にある場合で、相続人が多数に上るとき、さらに財産関係の取り決めが何もない場合や、あるいは故人に隠し子がいた場合など、権利関係が難しくなることがあります。さらに生前贈与や遺言書の作成を行っていた場合なども、話がややこしくなるため、問題が発生した段階で親族間の関係がこじれる前に、弁護士等に依頼して適切な対処を行いたいところです。特に権利関係は複雑で、身内だけで分けてしまったときにあとでトラブルの元になることが少なくありません。したがって、できる限り専門家である弁護士に間に入ってもらうことで、対応を考えていくことが求められます。

いったん間に入ってもらえれば、その仲裁や法的根拠に基づいての対処が可能になっていきます。すなわち、親族間の個人が恣意によって何かを変更したりすることが難しくなり、後々トラブルの元となることが少なくなります。したがって、もめそうになる前に家長から依頼して、間に入ってもらうようにした方が賢明と言えるでしょう。広島で相続のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です