Skip to content

遺産相続で被相続人に借金があるか?調べる必要がある

遺産相続をするときには、実はいろいろなことを考慮しないといけません。それを怠ると後でいろいろなトラブルが起きますから。法律を知っていないと、大きな損失を被る可能性があるのが、遺産相続になるのです。遺産相続においてよく起きやすいトラブルといえば、被相続人が借金を抱えていた場合です。

それを教えてくれれば良いですが、そうじゃない場合もあります。その場合、相続をする段階で知らないで相続をしてしまった場合には、プラスの財産だけではなくて、マイナスの財産、ここでいうと借金ですが、それも相続することになります。あらかじめ借金があることを知っていれば、相続放棄をすれば良いので問題にはなりません。ただ、相続放棄は相続が開始されたことを知ったときから3ヶ月以内に行なわないといけないのです。

期限もちゃんとあります。また、相続放棄の原因として大きいのは借金になると思われますが、その借金があるか。については被相続人が知らせてくれない限りは、自分で調べないといけないのです。つまり、お金を貸している側があえて言ってこなかったとしてもそれは問題ないので、誰も借金について言ってこないから大丈夫とも言えないのです。

そして、そのまま3ヶ月が過ぎてしまうと、もう相続放棄はできず、借金も相続することになりますから、是非注意をしてほしいということになります。3ヶ月を経過しても相当な理由があるときには相続放棄が認められる場合もありますが、絶対ではないので、遺産相続をする際に非常に重要ですから、借金の存在は調べておくか、生前に聞いておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です