Skip to content

遺産相続で相続人が知っておきたいこと

民法が規定する相続は、被相続人の死亡によって開始し、その財産法上の地位を特定の者に包括承継させることを云い、遺産は被相続人に属した一切の権利義務を指します。その為、遺産相続は家族や身近な親戚の方などが亡くなり、自分が相続人となった場合、原則としてその方が有していた一身専属以外の財産を丸ごと受け継ぐことになり、これには預金債権などプラスの財産も借金などマイナスの財産も含まれます。このことから、相続人は場合によって多額の負債を抱えることになり、これを救済する為民法では相続人にその相続の承認及び放棄を認めています。この制度は、相続人の意思を尊重して選択の自由を認めたもので、承認には単独承認と限定承認の2つがあり、放棄を含めると相続人には3つ選択肢あります。

単独承認は、相続の効果を全面的に承認するもので、被相続人に属したプラス・マイナスの財産を無限に承継します。一方、限定承認は、プラスとマイナスの財産を計算した上で、プラスの財産が多い場合にはこれを相続し、マイナス財産が多い場合には相続しないという条件付きでその効果を有限に承認します。そして、放棄は、文字通り相続効果を全面的に否定するものです。そこで、相続人が実際に遺産相続する際には、プラスの財産が明らかに多い場合やマイナスの財産であっても受け継ぎたいという場合には単純承認するのが適し、プラス・マイナス計算してみないと正確には把握できないものの、プラスの財産が多いかも知れないというケースでは限定承認するのが最適です。

また、明らかにマイナス財産が多い場合や遺産を受け取るのを潔しとしない場合には、遺産相続を放棄する選択肢があります。そして、これらの承認及び放棄は、原則として「自己のために相続の開始があったことを知った時から」3カ月以内となっていますので、遺産相続する場合には、この点も知っておくことが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です