Skip to content

交通事故での慰謝料とは

交通事故に巻き込まれてしまった場合、示談や裁判などで商店となってくるのが慰謝料の存在です。一般的に慰謝料と聞くとどのようなものなのかと連想されやすいのが賠償金であり、通院や入院にかかった費用や精神的な苦痛によるものなど多種多様な内容をトータル的に取り扱っているものであると認識されています。ですが、実際には交通事故の場合の慰謝料とは賠償金の一部であり、賠償金にはほかにもいくつかの種類が存在していると言うことで勘違いしている人が多くなっています。では、交通事故で支払われる内容としてはどのようなものがあるのかというと、まず精神的な苦痛に対する賠償金はもちろんとして、怪我をしてしまった場合には通院や入院にかかる治療費・入通院の慰謝料・通院交通費、そしてその期間仕事を休むことになってしまうため休業損害などがあり、ここに後遺症などが認定された場合はその点が別途で請求するもしくは請求されるようになっています。

つまり、これらの賠償金とはまた別で慰謝料を請求することが出来るようになっており、それぞれを別のものと考えて加害者に請求する必要があります。なのでこれらを一緒に考えて請求したところで保険会社は相手にしてくれないので注意が必要ですし、その請求内容に妥当性があるかどうか、交通事故での責任はどの程度の比率になっているの科なども考慮して請求しなくてはいけないなど、色々と注意しておくべきポイントが存在しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です