Skip to content

交通事故での慰謝料の算定基準

交通事故によって大きなダメージを負った場合、加害者に慰謝料を支払って貰うことができます。ただ慰謝料はどのような計算によって出ているのかご存知でしょうか。実は三つの算定基準が存在しているのです。そして、どの算定基準で計算するかによって慰謝料の金額は大きく異なって来ます。

それをきちんと考えてどの算定基準で慰謝料を請求するのか判断しなければなりません。まず自賠責基準と呼ばれる物があります。これは自動車やバイクに乗っている方は強制的に加入をしなければならない自賠責保険での基準です。交通事故の被害者に最低限の補償をするために作られた保険となります。

自動車損害賠償保障法の第5条に明記されているのですが、最低限の補償という言葉は無視出来ないでしょう。最低限ですからどうしても、三つの基準の中で一番低い金額にしかなりません。次に任意保険基準が挙げられます。交通事故の慰謝料ではこの基準が最も適応されることが多いでしょう。

自賠責保険で不足する損害賠償を、保険会社が加害者に代わって補償をします。この算定基準はそれぞれの保険会社によって独自に基準が決められています。多くの場合、自賠責基準と、裁判所基準のちょうど中間辺りの金額です。裁判所基準は、裁判所での判例に基いて定められた基準となります。

算定基準の中で、一番金額が大きくなることが多いです。ただし保険会社に自分で言ってもなかなか交渉に応じて貰えないので、基本的に弁護士に依頼をする事になるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です