Skip to content

交通事故における慰謝料とは

交通事故における慰謝料とは、事故後に被害者に支払われる賠償金のひとつと考えるとわかりやすいです。賠償金には、慰謝料の他にも怪我の治療費や、交通事故の影響で仕事を休んだことに対する休業補償金、入院・通院の際に発生した交通費なども含まれます。俗に言う「示談金」とは、これらの全てを総合したものを指すことが多いです。それぞれに金額の算出方法が決まっていますので、安易に示談にしてしまわず、きちんと内訳を確認するようにしましょう。

交通事故の賠償金のうち、慰謝料とは精神的な苦痛に対して支払われるものです。精神的な苦痛に対してのものと聞くと、いくらでも請求できるのかと思うかもしれませんが、金額の計算方法はルールによって定められています。慰謝料には入通院に対して支払われるものと、後遺障害に対して支払われるものとがありますが、特に金額の計算方法が複雑なのが後者です。後遺障害とは、事故によって負った障害のことです。

治療によって治癒が見込める怪我などとは違い、治療を行っても治癒が見込めず、症状が固定されてしまった場合は障害と認定されます。後遺障害慰謝料の計算方法には、いくつかの基準が設けられています。基準とは、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準であり、この順番に支払われる金額が増えていきます。どの基準が適用されるかは、加害者が加入している保険や一連の手続きに弁護士が関与したかなどの条件で決まります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です