Skip to content

交通事故の落とし穴と慰謝料

交通事故というと、被害者と加害者の被害割りは被害者の方が多いように感じる方も多いように思います。ですが、実情は違うのではないでしょうか。交通事故に遭遇する要因は被害者にも加害者にも、両方に原因があります。脇見をした、規則違反をした、周りをよく見ていなかったなどお互いに反省する材料があることが多々あります。

しかしながら、慰謝料の観点からみると、前の車が急ブレーキを踏み、後ろの車が止まりきれず少しブレーキを踏んだ車に追突という程では無いにしても当たってしまったという場合。後ろの車が完全に悪いことになり慰謝料をぼったくられるのです。ここで、私の知り合いの話をちょっとだけさせて頂きますと、事故のあとに、お互いに悪かった事を認め、その場は解散したものの、後々になってあの時の接触でここが傷付いていたため修理に出す事になった、あの交通事故で首を痛めた、腰が痛くなったなど後出しジャンケンの如く出始め、明らかに事故のものではないだろう。という被害を報告され、それに対して慰謝料を払わなければならないことになったそうです。

これは、私の知り合いがそのときの交通事故で、しっかり事故の被害をその場で確認することを怠り、現場ではなぁなぁに済ませてしまったことで起こってしまった場合ですが、軽度の事故の場合、往々にしてその場しのぎの対応で終始して終わらせてしまう方も多いように思います。被害者側に悪意…という訳ではありませんが、こういった思惑がある場合被害者と加害者という被害割合は大きく変わってくるという事を認識するべきでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です