Skip to content

交通事故で請求できる慰謝料

交通事故が起きた際には慰謝料であろうと、示談であろうと、弁護士に相談したほうが良いといったことが多いです。特に入通院、後遺障害などが影響する場合は、請求額が大きく変わることも少なくありません。これは保険会社と個人で手続きを行うよりも、弁護士を通じて手続きした方が得な場合が多いからです。また法律事務所のサービスは多様化していて、なかには交通事故の際の手順、一般的な慰謝料請求額についても教えてもらえることはあります。

相談料は初回が無料であったり、最初のみ低価格であるなど、法律事務所によって様々です。交通事故でのダメージが深いほど、慰謝料を請求するのが一般的ですが、手間やその時の状況に応じて示談の方が良いといったことはあります。ただし示談をすると、慰謝料請求できなくなるので、やはり示談の場合も慎重に行動した方が良いです。ケースによっては親族などとも相談してから決定しましょう。

請求できる額の相場はある程度決まっている時代なので、それを参考にしてから判断することもできます。入院した場合は、入院した日数で請求額に違いが生まれます。基本的に入院日数が長いほど、額は増えるものです。依頼する弁護士に関しては、法律事務所を訪ねる前に把握しておきましょう。

昨今、ホームページを使って弁護士プロフィールを紹介しているところは多いものです。もちろん相談をしてから、本格的に手続きに踏み切るかどうか決めることもできます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です