Skip to content

交通事故の慰謝料の計算とは

交通事故を起こした場合、特に人損の場合には慰謝料が発生してしまうことになります。加害者と被害者とがケガのみで検査入院をしただけくらいなのであれば、費用も実費で支払いできるので明確ですが、後遺症が残ってしまったり、最悪なくなってしまったりした場合には訴訟に至るケースもありますし、和解まで長期化することが通常です。交通事故の慰謝料は本人からも相続人からも固有の権利として請求することができますから、金額についてはケースバイケースとなります。特に亡くなった場合に相手が若者だったり、赤ちゃんだったりする場合にはそれぞれ計算の方法が違ってくることになりますし、遺失利益として会社員なら生涯年収を、赤ちゃんなら成長して独立するまでの教育費などを請求されることが多く、金額として数千万円に上ることも珍しくありません。

どちらにも過失がある場合、一方に過失がある場合など状況によっても異なってきますし、法律の専門家でなければ対応できないケースがほとんどです。万が一の場合に備えて、保険の弁護士特約に加入しておくことをおすすめします。交通事故を起こした時に保険会社の顧問弁護士が担当してくれることになりますし、慰謝料についても適正価格かどうかを判断してくれることになります。訴訟になった場合でも代理人として担当してもらうことができますし、慰謝料を請求する側になってもされる側になっても客観的な立場から専門家としてアドバイスしてくれます。

広島で相続のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です