Skip to content

自筆証書遺言書を作成するときの注意点

一口に遺言書と言っても3つの形式がありますが、一番オーソドックスなタイプは「自筆証書遺言書」と言われるものでしょう。これは全文自筆で書き、日付、署名、押印して自分で管理するというもの。こと大げさにせず、好きな時に自由に書ける気楽さがあります。料金もほとんどかからず、証人(立会人)も必要ありませんし、作り直しも簡単です。

一方、手軽な分、遺言として不備な点があり無効になるリスクや、紛失や第三者に書き換えられる恐れがあるので注意が必要です。また、相続発生後に相続人が遺言を家庭裁判所に持ち込み、被相続人が書いたことを証明する「検認」の手続きも必要となります。検認を受ける前に作成者以外の人が開封することは禁じられており、開封者には5万円以下の制裁金が科せられます。ただし、開封しても効力は失われません。

自筆証書型はその名の通り、最初から最後まで自筆で書くのが決まりで、ワープロでの作成や代筆は認められません。手書き文字ならよいわけでなく、本人が書くことが絶対条件になります。日付も書き忘れてはならない大事な部分です。しかも作成した年月日が正確にはっきり書かれていないと無効になってしまいます。

「○月吉日」などの日付の特定できない表現は認められません。誰でも分かるように「○年○月○日」と記載するのが鉄則です。年は西暦でも元号でもどちらでもかまいません。最後の署名と押印も重要なところです。

遺言に残す署名はペンネームなどではなく、戸籍に登録された本名で記載します。さらに署名の後には押印が必要ですが、印鑑は必ずしも実印である必要はなく、いわゆる三文判でも認められます。この時、インク付きのスタンプタイプは避け、朱肉をつける印鑑を使いましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です