医療レーザー脱毛は一般人には出来ない

医療レーザー脱毛は普通の人は参加できません。

これは、施術をするためには資格が必要になるからに他なりません。一般人であっても、光を利用した脱毛などは出来ますがレーザーを利用した脱毛は出来ないのです。光脱毛とレーザー脱毛の最も大きな違いは、波長が別のものだということです。レーザーは、単一波長で集中的に熱を集めて施術するのに対して、光は複数の波長を含む光で広範囲に調査し施術します。レーザー照射の威力が強いので、プロのしか扱うことができませんが、光は、出力を一定に制限しているので誰でも安全に処理することができます。

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が高いため、痛みを感じることがありますが、病院は麻酔を事前に塗ることで痛みを軽減させています。脱毛に使用される医療レーザーは、医療従事者ではないと扱わないため脱毛サロンで施術することができません。毛周期に応じて脱毛を数回繰り返し数回で終わることがほとんどです。市販の器機は医療機関で使用されているものより出力を弱く設定し、医師でなくても扱えるようにしたものですので医療レーザー脱毛とは根本的に異なります。

光脱毛もレーザー脱毛も施術中の痛みの部位に応じて差があります。メラニンのように暗い部分は、反応が強く出てくるので痛みを感じることがあります。また、日焼け後の肌の疲れや、肌が敏感になっているときは問題が生じる可能性があるので場合によっては施術を断られてしまいます。施術を受けるときには、施設できちんと肌の状態を確認することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *